• 相談中
  • 相続税の予測

    ハンマー

    人は必ずいつか寿命が尽きるものなので、相続というものは、いつか必ず発生します。しかし、実際に、それがいつ発生するか見当がつかないこともありますし、また、縁起が悪いからと言って敬遠しがちなものでもあります。 相続に関する一般的な手続きに関しては、それが発生してからでも十分行うことは出来ます。しかし、相続税などでは、少ない金額を納税することになるので、相続が発生してからでは、その調達が難しいことも考えられます。 そこで事前にシミュレーションを行うことが有効なのです。これには、各種保険に付随したサービスもありますし、相続税の処理手続きを、事前に手配しておく中でのサービスとして行われるものなどがあります。

    このような相続税のシミュレーションについては、それ自体は付随的なサービスであることが多く、保険や処理手続きなどの主体となるサービスの料金内で行われるのが一般的です。 一方で、このような付随的なサービスでは、主体となるサービスの前提として行われるという制限もあります。そこで、このような付随的なサービスとしてではなく、相続税のシミュレーションを独立して行うことも重要です。 独立したシミュレーションサービスの場合、それ自体に料金が発生します。課税の金額は、課税対象が決まっていれば、ほど自動的に行われるものです。そこで、必要な書類などを、出来るだけ自分でそろえることで、料金を割安にすることも出来るのです。