• 相談中
  • 交通事故の損賠賠償

    弁護士

    良くニュースなどで深刻な事故などで重傷を負ってしまい、深刻な後遺障害が残ってしまったという内容を目にする方も多いと思います。私たちも大変な事故にあってしまいこのような後遺障害になってしまわないという保証はどこにもありません。今回はこの交通事故における後遺障害という重い題について紹介していきます。 事故にあって後遺障害が残ってしまったときに、もっとも焦点となるのは慰謝料であります。この金額については後遺障害の重さによって変わってきます。重い場合の賠償請求となると四億円近いお金が裁判で支払いを命じられています。重度な後遺障害が残るとそれに比例して賠償額も高額になっていくのです。被害者側にも過失があれば何パーセントかは削減されます。

    次にこの交通事故における後遺障害の損害賠償の歴史について紹介します。一番古い法律で昭和22年に法律で規定されました。これから、交通事故における損害賠償はどんどん変えられていきました。昭和36年の改正により損害賠償金に対する課税はほぼ現行通りになりました。当時の議論ではこの損害賠償に対しての課税は国民の感情などを配慮して常識に沿って取り扱うべきもので理論的に考えるだけでは不十分であるとしています。昭和22年の施行から数回の改正を経ていまの現行の法となっています。 賠償金の決定には上記で述べたように、障害の深刻さや種類によってランク付けされ決められています。 このような歴史があります。 交通事故の加害者になっても被害者になっても当たり前ですがどちらも大変なのです、よって一番大切なことは事故に巻き込まれないようにするということに尽きるでしょう。