• 相談中
  • 様々な交通事故

    お金

    交通事故と言うと車と車、もしくは車と歩行者というイメージがあるかもしれません。しかし、昨今では自転車と歩行者や、自転車同士の事故が多発して、時には大きなお金を請求される事件があります。こういうことがなくなるように、自転車マナーの向上を呼び掛ける運動が全国で増えてきました。 車と同じ進行方向でなければ自転車は運転することができなかったり、歩行者の通路を妨げてはいけないなど、都心を中心に自転車マナーの向上を推進する取り組みが増えてきました。交通事故が無くなるようにするために社会全体が動き始めたと言えます。また、自転車の保険も加入する人が増えてきており、万が一の時にも対応できるようにしているようです。

    交通事故は無くなるに越したことがありませんが、未然に防げるものは少なくとも減らしていこうというのが交通ルールです。死亡事故多発地点には大きな赤い看板があったり、高速道路では天候と路面の状況で速度規制があったりと、過去の経験を生かしていろいろなところで事故を減らすようにしているのです。 自転車の交通事故の手順は車ほどスムーズな対応ができていません。免許を持っていなくても自転車は運転で着ます。しかし、軽車両と言う扱いなので道路を走っているバイクや車と同じです。車には自賠責保険などに加入していますが、自転車にはそういうものがありません。警察官と保険会社が上手く事故に対応できるように保険加入を勧めたりしているのです。