• 相談中
  • 遺産相続を考える

    司法書籍

    遺産相続は兄弟や親戚等様々なことが絡み、難しい問題になることがあります。両親が元気な内に様々な遺産相続について予め話を行うことが必要なこともあります。事前に税理士等の専門家に相談を行うことも大切です。

    Read more

    相続税の予測

    ハンマー

    遺産相続を行った場合は相続税というものが発生します。相続について生前から予め相談を行う他、相続税についてもどの程度かかるのかシミュレーションを行う必要があります。場合によっては、相続が発生してから大きな金額が出て行くこともあります。

    Read more

    交通事故の損賠賠償

    弁護士

    交通事故に合った場合後遺障害等に応じて損害賠償の請求が行われます。損害賠償の金額等は裁判等で決定し、様々な判例があります。基本的に法律に基づいて判断され、障害の種類や深刻度が問題になります。

    Read more

    様々な交通事故

    お金

    交通事故には様々な種類があります。最近では自転車同士がぶつかって大きな損害になるという事故も発生しています。また、行政の方もマナーの呼びかけや死亡事故の場所に看板を置く等の対応を行っています。

    Read more

    行政書士とは

    不動産

    行政書士は基本的に役所等に提出する書類を作成する人です。行政書士は様々な業務があるので、自分の依頼したい業務を主に取り扱っている所を探すことが大切です。インターネット上には様々な仕事があります。

    Read more

    スムーズに別れる

    天秤

     離婚の理由はじつにさまざまです。一昔前のイメージでは、夫の暴力や金遣いの荒さや女癖の悪さなどがあげられますが、現在は子育ての仕方、自由を求めて、セックスレスなど、価値観の相違による離婚が増えてきています。これも、忍耐を美徳していた時代からの脱却であると言えそうですが、いざ離婚となるとそう簡単には話は進まないようです。  離婚件数はここ数年は若干減っていますが、中長期的に見ると右肩上がりが続いており、今後も同等かそれ以上の件数で推移していくと予想されています。  それにともない、離婚相談件数も増えており、少しでも慰謝料を多くもらいたい、親権を取りたいといったものから、逆の立場からの離婚相談としては、慰謝料を減額したい、有責を免れたいといったものがあるようです。

     離婚相談をするならやはり弁護士です。特に離婚案件に強い弁護士であれば、依頼者のために有利になるよう上手くはからってくれるでしょう。  基本的に話し合いや調停などで和解を目指す形となりますが、仮に裁判になったとしても弁護士に頼んでおけば大丈夫です。相手に対して硬軟織り交ぜた交渉をおこなってくれるので、依頼者は何もする必要がなく、経緯を見守っておけば良いでしょう。  ただ一つ注意点をあげるなら、費用倒れになる可能性があることです。たとえば浮気などをされても離婚に至らなかった場合は、慰謝料はさほど高額にはなりません。弁護士費用は着手金や報酬、その他の実費等がかかってきますので、仮に有利に和解したとしても、ほとんど手元に残らない恐れがあります。  そういった点も踏まえながら、離婚相談を考えてみましょう。